2013年5月28日火曜日

新スタッフ募集の季節

 
 
 
今日は僕の自主制作の作り方のひとつであるスタッフの集め方について書こうかなと思っています。まあ・・・言い訳じみたことも含めて^^;

僕が社会人になってからの人の集め方はやや誘われた方が困惑するので、そのことについて触れておこうかなと。あと久々に人を募っていながらうちの演出助手件制作ちゃんと色々と話したら学生の頃が懐かしくなりました。

元々僕は実写の映画を撮っていました。大学一年の頃からです。
それまではほそぼそと小説や漫画を描いてました。

そこから一歩進んで映像を作ってみようと考えたのです。
最初はずっと一人で作っていました。
役者さんだけ最初は募集してました。
そこで色々な役者さんと知り合って、なかなか面白い経験だったと思っています。
熱く語る役者さんやクールでありながら何にでも興味津々な人もいたり・・・・。

これはアニメーションを作ったときも変わらずです。
声優さんやはたまた、平成ウルトラマンで有名な役をやっていた方などバラエティー性は高かったと思います。
なぜそんな人がいち自主制作に集まったかはいまだに解りません。
そもそも僕自身わりと人見知りなのに、こんな風に色々な人と出会うことなんてなかなか経験がなかったんです。

自主アニメーションを作り始めた大学二年の終わり、友人の「俺の友達をスタッフで紹介しようか?」という一言から、ずっともんもんとしながら一人で原画を描いていた僕はなんのきなしにその提案にOKしました。

それからその紹介された友人(今は漫画家さんです)とさらにその友人の三人ではじめて15分という割と長尺の短篇?を作りました。
今でも彼らとは仲がいいのですが、ほんとそのときの楽しさが頭から離れませんね。
毎週うちに集まってアニメや映画を見ながら作業していました。

こんなに人とやるのが楽しいなら、もっと人をということで京都の大学中にスタッフ募集の張り紙を友達と掲示板にはりにいったりしましたねぇ。

それはあんまりうまくいきませんでしたよ;
人がたくさんいればもっと盛り上がるかといわれると、単純に色々把握するのに手いっぱいで自然消滅してしまいました。なんだろう自分にたくさんの人を把握する力も、どう付き合っていいかもわからなかったんだと思います。

それからもう一度スタッフを集めなおすことに。
当時はネットでGIFアニメーションをするのが非常にはやってまして。
後にそれはweb系なんていわれる言われる人だったりその後進だったりするわけです。
面白いですね時の流れというのは。
そこで出会ったアニメーターを目指す人たちに声をかけてみたら思ったより快い返事がもらえて、いろいろやりました。
本当にいろいろ^^;

今では彼らは立派な原画マン・作画マンです。

そんな彼らと作るうちに「てくてく日和」という自主作品がどんどん構築されていって、その後自分がアニメ業界に入ってからも色々な人から声をかけていただいて参加してもらったり逆にこちらからお願いしたり、わりと乱暴なやり方ですが、とにかく「はじめまして!」と声をかけ続けました。

過去の大人数でのアニメーション制作失敗を元にいろいろやり方を考えて、ゲーム業界・アニメーター・3Dクリエーター・ウェブデザイナー様々な分野の人が今残ってくれています。

変な話ですが、いきなり見ず知らずの人が「一緒にアニメ作りませんか?」って相当いかがわしいだろうなと自分ではメールを書きつつしょっちゅうげんなりします。

それでも「いいよ」といってくれてこういう状況になったのは面白いです。
ネット経由で知り合って、同世代ということで仲良くなって家でよく遊ぶ、アニメーターくんは今では作画監督です。人見知りながら出会いは面白いです。仲良くなって喧嘩して別れたり、またであったり。一生の友達になるような絆が生まれたり・・・・。不思議です。

二年ぶりに再会している自主制作ですが、またげんなりしながらも新しい仲間を誘っています。
もちろんある期間で作品を作るためという刹那的な動機はあるのですが、またどんな出会いがあるのかという意味でも楽しみです。

そんなこんなでげんなりしつつも、今日も新たなスタッフ探しは継続中です。
誘われて不快な気分になった方はすいません^^;

ただ今でも自分は友人と自転車で京都の町を走って大学の掲示板にチラシをはりにいっていたあの頃と本質的なマインドは変わらないのかなとふと思った梅雨入りでした。

実際に新しいスタッフも集まり始めています。
今後もよき出会いがあるよう願ってやまないです。

2 件のコメント:

  1. おおおー熱い!
    何か久しぶりに来たら凄い事に…期待しております。

    みやた

    返信削除
  2. ありがとう^^来年には公開するので是非是非

    返信削除